無料相談

資料請求

動画制作コラム

効果の出る動画マーケティングとは 動画広告の活用方法を解説

効果の出る動画マーケティングとは 動画広告の活用方法を解説

動画マーケティングとは、動画コンテンツを用いて企業または商品・サービスをアピールして、集客や販促活動などを行う手法です。

 

近年では、YouTubeやInstagramなどのSNSをはじめとして、動画コンテンツを視聴する機会が増えたことから、マーケティング戦略の一つとして動画の活用が期待されています。そのようななか、「何から始めればよいのか」「どのような方法があるのか」と疑問を持つ企業担当者の方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、動画マーケティングを実施する際の主な流れやメリット、活用方法、注意点などについてまとめて解説します。

 

動画マーケティングの流れ

 

動画コンテンツは、映像やアニメーションなどの動きのあるコンテンツを通して、視覚的に訴えられるため、文章や静止画よりも多くの情報量を伝えられるといった強みがあります。

 

しかし、やみくもに動画を配信するだけでは、視聴者の興味を惹きつけることはできません。動画マーケティングを成功させるためには、動画コンテンツを見せる相手や場所を事前に定めておくことが重要です。

 

「認知・検討・購入」からポイントを絞る       

 

動画マーケティングの目的は、主に「認知・検討・購入」の3つです。

 

「認知」とは、会社や商品について知ってもらうことです。商品を購入してもらうための第一ステップとなります。

 

「検討」とは、視聴者に商品の詳細や魅力を伝えて、興味を持ってもらうことです。動画を見た人に最終的な購入を促すためには、興味関心を惹き付けるコンテンツが必要です。

 

「購入」とは、動画を見た人が購入や申し込みをすることです。商品が欲しくなるような、購買意欲をそそる動画でアピールする必要があります。

 

動画コンテンツを制作する際は、これらの3つの目的を明確にしたうえで、動画に盛り込む内容や訴求方法について検討することが大切です。

 

 

動画マーケティングのペルソナを決める

 

動画コンテンツを制作するにあたって、ターゲットとなるペルソナを明確化することが欠かせません。自社の商品・サービスを利用するお客様を想定して、性別・年齢・経済力などを細かく設定します。

 

このとき、再生数を増やすために、幅広い層を選ぶことは有効とはいえません。具体的な個人を想定することで、興味関心を刺激して最終的な購入につながることが期待できます。

 

このように、ペルソナを設定することで、ターゲットに刺さる動画のコンセプトやデザイン、キャッチコピーなどを検討できるようになります。

 

動画マーケティングのメリット

 

動画は短い時間で伝えたいことをまとめられるため、視聴者の記憶に残りやすいといった効果があります。ここでは、動画マーケティングのメリットについて紹介します。

SNSで共有されやすい

 

動画マーケティングの効果の一つは、SNSで共有されやすいことです。面白い動画や気になる動画に「いいね」「シェアボタン」を押したことはあるのではないでしょうか?

 

近年では、5G回線の普及やSNSの短時間動画サービスの台頭によって、動画視聴はもはや生活の一部となりつつあります。例えば、TikTokは動画の最長時間が10分でありながら、アクティブユーザー数は月間10億人も存在しています。料理や作業をしながらの「ながら見」が一般化したことで、動画広告が視聴される機会も多くなっているのです。

 

SNSで拡散された動画は、多数の視聴者の目に触れるため、ブランドや商品の認知を拡大させたい場合に有効といえます。

 

大量の情報を短時間で伝えられる

 

動画はテキストやバナー広告と比べて、多くの情報を短時間で伝えられます。映像と音楽とストーリー性を組み合わせると、目と耳や感情に対して直接訴える効果もあります。

 

また、人間には動いている物を自然に目で追う習性があります。スマートフォンやパソコンの画面内で動画広告が再生されていれば、意識をしないでも目に入りやすくなります。

 

このように、文章のように能動的に読む必要がないため、視聴のハードルが下がり、より多くの人の目に触れることが期待できます。

 

KPIの効果測定が簡単である

 

KPIとは、重要業績評価指標を意味します。動画マーケティングにおいては、視聴者が購入に至るまでの各通過点において達成する目標を指します。

 

例えば、動画の目的が「認知」の場合は、動画再生回数や視聴した人数をKPIに設定します。「検討」であれば、動画再生時間や視聴された回数に対して、どの程度の長さ再生されたのか、再生完了率をKPIに設定する方法があります。

 

また、「購入」の場合には、購入された数や視聴後に購入した人の割合をKPIに設定します。このように、KPIを設定して効果測定をしやすいことも動画マーケティングのメリットといえます。

 

動画マーケティングを活用する方法3選

 

動画マーケティングを実施する際は、動画を配信するチャネルによって視聴者層が異なることに注目する必要があります。

 

例えば、YouTubeは幅広い年齢層のユーザーがいるのに対して、TikTokは10〜20歳の若年層に人気です。動画マーケティングの効果を最大限発揮するには、設定したペルソナが視聴していると考えられるチャネルを選ぶ必要があります。

 

ここからは、動画マーケティングの活用方法を紹介します。

①アクティブユーザー数は20億人のYouTube

 

YouTubeは、月間アクティブユーザー数が20億人越えの動画共有サイトです。1日の視聴時間は10億時間に達しており、小学生から大人まで幅広いユーザー層へ動画を発信できる点が魅力です。幅広い世代の視聴者に動画を見てもらいたい場合にも有効といえます。

 

YouTubeでの動画広告は、視聴者がスキップできるタイプと、スキップ不可のタイプがあります。なお、課金のタイミングは広告の表示回数に合わせて変化します。

 

②ターゲット層に合わせるSNS

 

特定のターゲットに対してアプローチしたい場合には、SNSを使い分けることも有効です。若年層がターゲットの場合は、10〜20代のユーザーが多いInstagramが適しています。

 

ただし、ユーザーは広告が嫌いな性質も併せ持っているため、宣伝色の強すぎる動画は逆効果となりかねません。ターゲットにとってどのような情報が有益か、興味関心を刺激するコンテンツに工夫することが大切です。

 

また、Facebookは30~50代のユーザーも一定数存在しているほか、実名での登録が必要となるため、企業やビジネスパーソンへのアプローチにも有効といえます。

 

③ビジネスパーソン向けのタクシー・電車内

 

動画マーケティングに活用できるチャネルの一つに、電車やタクシーでの動画広告があります。これらの広告の特徴は、ターゲティングがしやすい点です。

 

電車内の動画広告の場合、通勤・通学の時間帯や路線から利用者層を推測できます。往復での電車移動によって繰り返し動画を目にする機会が増えるため、企業名や商品を覚えてもらいやすい効果があります。

 

タクシー広告は、ビジネスマンや経営者の利用者も多いため、BtoB向きの商材にも適していると考えられます。

 

 動画マーケティングの注意事項

 

動画マーケティングは、ただ動画を作ればよいというわけではありません。

 

動画制作や広告配信には費用が発生するほか、再生回数が多くなったとしても、購入やサービスの利用に結びつくとは限りません。

 

ここからは、動画マーケティングで知っておきたい注意事項を紹介します。

 

予算と製作時間の問題がある

 

動画を自社制作する場合、人件費がかかります。プロの個人や制作会社に依頼するとなると、外注費用も発生します。また、広告の出稿には費用がかかるため、複数のチャネルで配信する場合には予算を踏まえて計画を立てることが欠かせません。

 

また、一度制作した動画コンテンツで効果が得られなかった場合には、動画の修正や広告配信方法の変更なども必要となります。

 

 動画を流すだけでは効果がない

 

動画マーケティングによって集客や購入につなげるためには、効果測定を実施して、改善を繰り返すことが大切です。

 

「ターゲットに視聴してもらえているか」「動画の視聴で商品の購入につながっているか」など、購買行動を分析して課題を発見するスキルも求められます。

 

動画マーケティングは自社制作と外注がある

 

動画の制作は、自社制作と外注の大きく2つの方法があります。ここからは、両者の違いについて、費用や時間の面で比較します。

 

自社制作には機材が必要

自社制作の良い点は、外注する費用を抑えられることです。また、修正したい箇所があればすぐに変更できるほか、相手先とのやり取りに割く時間を削減できます。

 

ただし、カメラやマイクなどの機材の用意や、撮影、動画編集などの作業が必要になるため、人材リソースと時間を要します。動画制作の技術やノウハウがない、自社制作する時間がないという場合は、外注をおすすめします。

 

外注すると製作時間が省ける

 

動画制作を外注すると、人材リソースと時間を削減できます。また、プロのクリエイターに動画制作を依頼できるため、企業や商材に合わせた質の高いコンテンツを製作できることもメリットの一つです。事前に撮影した動画を持ち込むことで、外注費用を抑えられるケースもあります。

 

動画マーケティングのご相談はムビハピへ

 

近年は、SNSやインターネット上だけでなく、駅や電車内にもサイネージ広告が浸透しており、動画コンテンツに触れる機会が増えています。ムビハピには、元TVディレクターが在籍しており、TVのノウハウを生かした動画作りが強みです。動画マーケティングをお考えの際はムビハピへご相談ください。
 

お気軽にご相談ください

どんなご相談でもOK!
無料相談をする

30社以上の事例を公開中!
資料ダウンロード

動画制作コラム一覧に戻る

おすすめ記事